沼(田透)にハマって考えてみた

no Numa-chan, no Otaku-life

パートタイマー刑事・月形兄妹の事件簿2

誰が天使を殺したか?

放送 TBS
初回 1999年4月12日(月)21:00-22:54

役名 大熊源吉
属性 刑事・上司キャラ
指輪 無し

感想

どうにも辛いので苛めの話は飛ばしたいから、サクサク進めます。
事件現場、警察に止められる主人公。警部補って呼ばれてますが、今はただのフリーターだそうです。
被害者両親の事情聴取で沼ちゃん登場! また変なネクタイだよどうしよう(←喜ぶw)。少し髪を降ろして若い感じ。あくまでもクールな沼ちゃん、両親を冷静に観察しています。
しかしいくら元警察関係者とはいえ主人公に捜査資料を見せていいのかな、と思っていたら、主任の沼ちゃんイン。主人公は机下に隠れましたが間に合わずw 沼ちゃん一気にまくしたてます、さすが舞台役者さんは凄ぇな! ここのコント面白過ぎるw そして主人公と沼ちゃんは近過ぎるw 最後に「ただブラーッと……」という主人公を「遊園地じゃない!」と引っくり返してしまいましたw そして部下に八つ当たりしてますが何となく憎めないタイプw
そしてかつての後輩からいろいろ聞き出し、勝手に捜査するフリーターの主人公。
殺人事件が殺人事件を呼びました。殺人現場に来た主人公の前には茶色のコートを来た沼ちゃんが!
「何で俺が来る前に片付けちまうんだよ! 全然分かんねえじゃねえかよ!」
……うーん、主任が来るの遅過ぎるからでは?
更に殺人事件。今度はバッチリ見ましたよね、沼ちゃん! しかし何故沼ちゃんは凶器のカミソリをどんぐり眼で凝視するんですかねえ……面白いから私は歓迎なんですけどw
二件の殺人事件について、最初の被害者である少女の母親が呼ばれて、沼ちゃんに取り調べを受けています。ん? 沼ちゃんのネクタイ、最初の聞き取りと同じっぽい? 今、初めて指輪無いのに気付きました。関係ないですが沼ちゃん爪綺麗だなあ。
主人公が寿司を警察に出前するなる口実で刑事達から捜査情報を聞いていると、沼ちゃんイン。主人公、机の下にイン。
怒りながら来ましたが、寿司の誘惑に折れた沼ちゃんw 沼ちゃんの足の間から主人公見えてるよーw 部下が譲った椅子に掛けた沼ちゃん、何故か寿司を降ろしました。主人公、当然の如くネタとシャリ分解w シャリだけになった寿司を見詰めて「んあ?」と悩んだようでしたが、沼ちゃんそのままお口にイン。
第四の殺人は未遂に終わり、また少女の母親が疑われているのですが、沼ちゃんの要請を断固として撥ね付けます。沼ちゃんのコート、若い子が着るみたいなデザインですね。母親を乗せて走り去るタクシーに「くうああっ!」と文字化し難い悪態を吐く沼ちゃんw
それにしても一般人にペラペラ喋り過ぎだぞ刑事w 結局、解決するのはフリーターの元刑事な訳ですが。
うーん、屋上の犯行ペラペラ大会で判明しましたが、学歴コンプレックスで母親同士が二対一になってたんか。
少女の実の母親と育ての母親にしたら少女の殺人事件も解決しても全然意味ないよねえ……切ない。