沼(田透)にハマって考えてみた

no Numa-chan, no Otaku-life

浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想

放送 TBS
初回 2012年9月3日(月)21:00-22:54

役名 丸岡孝郎
職業 考古学者
属性 普通キャラ
指輪 ?

感想

舞台は奈良、箸墓古墳。ここに眠るのが卑弥呼じゃないか、と唱える先生と待ち合わせした主人公。まあここら辺はどうでもいいので飛ばします。
発掘調査の現場。沼ちゃんだ! 銅鏡を発見したっぽい。もし銅鏡なら、歴史を塗り替える大発見なんだそうです。どうでもいいですが先生の発掘作業エラク荒っぽいw 残念ながら石でした。「石……」と落胆する沼ちゃん。しかし直後、先生も沼ちゃんも皆もゲラゲラ笑い始めました。そんなに簡単に発掘出来るものではないのでしょう。
自己紹介ターイム。沼ちゃん沢村一樹とタッパ変わらない!
場面切り替わり。関係なさそうなので飛ばします。
次の朝、畝傍(うねび)考古学研究所。沼ちゃん、発掘品を抱えて登場。手をスリスリしながらお話ししてます。土いじりは手袋していても手が乾くんでしょうね。
和やかに土器の話をしているところに所長が駆け込んできて、警察から電話が、と。
場面切り替わり、とある山中。遺体を確認に来た所長と沼ちゃん、そして光彦さん。どうやらまたまた殺人事件に巻き込まれたらしい光彦さんw ってかおめー関係者じゃねーべ。
いろいろ飛ばして橿原警察署。わざわざ自分から首を突っ込んでいく光彦さんw 案の定疑われて始めてるw
山に花を供える場面飛ばします。研究所、沼ちゃんが銅鏡発見! 字幕確認したら《画文帯神獣鏡》だそうです。三世紀初頭のなら世紀の大発見なんですが、その割に沼ちゃん嬉しそうじゃないなあ。所長が記者会見するって言ってるのに、妙に暗い。目が虚ろだし。
次、暫く沼ちゃん関係ないので飛ばします。って言いながら東京の浅見邸。そこに電話。
今度は所長がヌッコロされてました。何か公園みたいなトコに沼ちゃんと復元作業のチーフの女性が。チーフは「私の夢が叶う時が来た。日本一の考古学者、丸岡孝郎」とか言ってるトコに、何で通り掛かるかなー光彦さんw えっ? この二人、付き合ってるの!? 沼ちゃんの照れ笑いなる最高の場面の直後、お邪魔虫光彦さんに気付く沼ちゃん。不審そうな二人に近付こうとすると向こうから刑事さんが! やっぱり沼ちゃん疑われてるヒャッホーイ!←おかしいやろそれw 早速質問が始まりました。何故いるのだ光彦さんw しかし刑事さんもどうしてペラペラ喋るのだw
警察。例のコント始まるw 次暫く飛ばします。
研究所。銅鏡を暗い表情で見ている沼ちゃん。何せ光彦さんの足音に気付かない位だし。例のチーフ、結婚しとったんかい! えっじゃあ沼ちゃんと親しげな様子は一体……。そして自分が疑われていると気付いた沼ちゃん。どうにも不思議だった点を突っ込む光彦さんに、沼ちゃんはある人の言う通りにしたら銅鏡が出たんです、と告白しました。しかし光彦さんは誰かとは聞きませんでした。外に出るとチーフが来ていました。夫がいるが他の人を愛していると言うチーフ。光彦さんは見抜いていました。沼ちゃんに嘘を吐いて自宅にあった銅鏡を埋めたところを発見させたのがこの人だと。
まあ、こっからは殺人事件の解明なんで飛ばします。
結局、沼ちゃん片恋された朴訥な研究者ってだけだった……。