沼(田透)にハマって考えてみた

no Numa-chan, no Otaku-life

北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼9

白馬山岳ツアー天空の密室殺人

放送 テレビ東京
初回 2007年7月18日(水)21:00-22:48

役名 原田修一(偽名)/多田幸二(本名)
属性 普通キャラ(学者(上司)キャラ)
指輪 無し

感想

 殺人事件やら何やらありますが、それは置いときます(←置いとくんかい!)。
 ロープウェイに乗っている山岳ツアー客の中に一際背の高い人物、もうシルエットで沼ちゃんって分かっちゃいますね。オバサンに突き飛ばされても文句も言わないのが怪しいです。自己紹介もサラッとしてて……隣は本当に奥様なのかしら? 結婚指輪してないんですけど?
 写真に夢中なオバサン、記念写真として沼ちゃん達を撮りました。すると沼ちゃん、勝手に撮らないでくれますか、普通先に断るでしょう、と注意してます。しかもデジカメでしょ、消して、私達が写っている分全部、とまで。音楽は一気に不安な感じに。他の参加者にも不穏そうな女性が。やはり何かあるんだわ!
 ヒュッテ(山小屋)。食事するツアー客一同。皆が会話を楽しむ中、ひたすらカレーをモグモグ沼ちゃん。
 食後、沼ちゃんコーヒーを飲んでます。ラガーシャツがビミョーw
 やはり犯人がこのツアーに紛れ込んでいるらしいです。ハーイハーイ怪しいのは沼ちゃんでーすw
 夜、コーヒー飲んで星空を見ています。しかし何のかの怪しい人だらけのこのツアー……。
 主人公達が望遠鏡を片してた時、沼ちゃん夫妻が揉めながら飛び出して来ました。ガイドが如何したのか訊いても沼ちゃん「いや、別に……」と何だか要領を得ません。沼ちゃんが「この話はなかった事にしよう」とか言うと奥様が山小屋に駆けて行き、沼ちゃんも後を追いました。良く分からない夫婦だな……。
 ガイドの息子が飛び出して行ってしまったので、ツアーの案内は主人公がする事に。文句を言う沼ちゃん。その気持ち、分かる気もするけど、飛び出した子は山の装備してないから、やはり心配だし。
 何だか沼ちゃん山登りでヘロヘロw 腰曲がっちゃってるよw
 えっ!? 沼ちゃん、誰かを騙ってるらしいぞ!? ほらー来たよやっぱりー!
 沼ちゃん偽夫妻、言い争いの上、山を降りて行っちゃったらしい! しかもルートが違う! 山の天気は下り坂なのに大丈夫か沼ちゃんは!
 探しに出た主人公達、林道で偶然女性の悲鳴を聞き、駆け付けたら偽夫婦が正に修羅場!

「別れようって言うから……だけどもう、俺にはもう彼女しか……彼女しかいないんだ!」
 ヘロヘロ情けないトコ、好きだわーw 暴れたせいか前髪落ちてる沼ちゃん、私好みです。
 避難小屋に着いた四人。何か怪しいのよね、主人公以外の三人。
 いろいろあり、再び避難小屋。沼ちゃん、正体を訊かれてます。実は二人は大学の先生と助手、やはり夫婦ではなかったのでした。突然別れを切り出され、ツアーが終わったら元の生活に戻ろうと話されていたそうです。が、沼ちゃんはその話が受け入れられなかった、と。それで道連れに死のうとしたのでした。自分でも自分のした事が信じられない、と言う沼ちゃん。そこにツアーの残りの人々がやって来ます。
 やがて殺人事件発生。死体を見て狼狽える沼ちゃんw そりゃ普通そうだわなw 「遺体このままかあ!?」と心配するトコは優しい。
 再び避難小屋。どうして黙っていた、どうして下山させなかった、と非難する沼ちゃん。謝るガイドを見て沼ちゃんを怒った主人公。確かにその通りなので黙した沼ちゃん。だってねえ、沼ちゃんは人を殺し掛けた訳ですから。そして沼ちゃん、ツアー客全員が警察に調べられてると聞いて激しく動揺w
 再び避難小屋。ツアー客のいろいろな事情が見えてきましたが、んなこたあどうだって良いw 椅子に座った沼ちゃんが長い足を持て余して開いてるの堪んない。あの開いてるトコに座ってみたいw
 避難小屋。寝袋の沼ちゃん。わあいわあい! でもタッパあるからサイズ合ってないのか苦しそうw
 事件解決後の下山中、罪を告白しようとした沼ちゃんを、殺されそうになった助手が笑顔で止めました。「これからは別々の道を歩くの。それで十分」と。警察に「何です?」と訊かれた沼ちゃんは「別に……すみませんでした」と暗黙の諒解で別離を受け入れたのでした。この二人の、恐らくは長く深かっただろう関係のその別離の間合いに、ある意味美しさすら感じました。
 ところで地名等の難読漢字には振り仮名を振って欲しいですw