沼(田透)にハマって考えてみた

no Numa-chan, no Otaku-life

ハゲタカ

第一話 2007年2月17日(土)21:00-21:58
第二話 2007年2月24日(土)21:00-21:58
第三話 2007年3月3日(土)22:00-22:58
註:当ブログでは第四話からは除外する。

役名 沼田透
属性 神キャラ(普通キャラ)
指輪 有り

経緯

 ハマったのが随分遅くて、本放送から11年後の2018年11月25日にたまたまNHKオンデマンドで見て、まず大体の方と同じく鷲津政彦氏に心酔して、小説や漫画を書(描)いていました。
 しかし段々と芝野健夫氏の三葉銀行同期、沼田透広報部長(以下沼ちゃん)に惹かれてドンドコ出没させてしまいましたw
 その後沼ちゃんをドンドン好きになり、挙げ句「ネクタイの趣味が超悪いw」と【ネクタイコレクション】を作る始末w←勿論愛が前提よ!
 更には純粋に沼ちゃんだけ見たくなり、辿り着いた先が「二時間サスペンスドラマ(二サス)」なのでした。まさかブログ作るまでに至るとは思いませんでしたがw

沼田透広報部長を考察する

 沼ちゃんは恐らく芝野氏とは別の学閥と思われます。が、気が合うのでしょう、唯の同期ではなく親しい呑み友でもあります。
 どうやら情報通らしく、芝野氏に「将来の頭取候補と言われたお前が今は本流を外れている」と明け透けに話した挙げ句「チャンスだよ」とけしかけてすらいますが、自分の出世より同期を上に担ぎ上げようとする辺りに、芝野氏への友情よりもむしろ狡猾さを私は感じました。
 その狡猾さはそれ以前のサンデートイズの一件で既に垣間見えていました。飯島亮介常務から内々に住倉銀行との合併の話を聞いて「広報としても、格付機関は勿論の事、何より住倉に対して絶好のアピールになります」と即答しています。実働部隊は広報部でなく、事業戦略部、特にそのトップの芝野氏である事を踏まえた上での高圧的な発言にすら思えました。
 そして、最後には友人ではなく会社組織を選んだ沼ちゃん。飯島常務の命令で内部通報者の芝野氏を曝いたのは他ならぬ友人である沼ちゃんでした。辞表を出した芝野氏に沼ちゃんは言います。

「本当に辞める気か。お前は何にも見えてない。いや、見ようとしてない。這いつくばって、罵られて、それでも与えられた仕事を一つ一つこなしていく。そうやって生き続けた時、次が見えてくる。俺は、最後まで三葉に残る。辞めないのも勇気だよ、芝野」
 話は逸れますが、英語の「see」には「分かる」という意味もあります。ですから沼ちゃんの「見えてない」に「分かってない」という二重の意味がどうしても透けて見えてしまい、こんな叱責をしてくれるなんて、やはり沼ちゃんは友情に篤い男だったのだ、と考えを改め、この場面を見る度に涙を禁じ得ないのです。

 以上の考察を踏まえて書いたのが、別ページに再録した『ハゲタカ』二次創作小説「忘れ難き思い出」(←クリックで移動します)です。周囲では評価が低かった作品ですが、私自身は自分の『ハゲタカ』二次創作の中では「忘れ難き思い出」が一番気に入ってます。